13 ユーロスペースは「映画のまち」のミニシアター。


コンクリート造りのモダンな外観が特徴的なユーロスペースは、かつては10館近くあり今はその半数ほどになった渋谷のミニシアターの1つ。 ミニシアターとは、少数のスクリーンを使い、独自に組まれたスケジュールに基づいて上映が行われる単館運営の映画館のことです。そこでしか出会えない上質な映画を提供し、密度の濃い映画体験をさせてくれる、それがミニシアターの持つ魅力と言えます。

明治の文明開化以降、日本人の関心は常に西洋の生活文化にありました。そんななかで、1950年代にテレビが普及するまでの間、人々にとって西洋の生活文化への窓口となったのは映画でした。多くの若者が集まる渋谷では、その好奇心、楽しみを刺激する映画の需要はとりわけ高く、渋谷には多くの映画館が建てられていきました。なかでもこの円山町とその一部だった百軒店のエリアは、渋谷のなかでも「映画のまち」として知られていました。

駅近くの大型映画施設で話題の作品が上映されるなか、人々が表通りから一歩足を踏み入れてこのミニシアターを訪れるのは、この地に根付いた「映画のまち」としての営み故でしょう。


ガイド目次

01 神泉駅
02 カフェ・ド・ラ・フォンテーヌ
03 弘法湯石碑
04 金井青果
05 芸者階段
06 藤むら
07 裏渋谷通り
08 道玄坂地蔵
09 二つの料亭
10 ホテル街
11 国際的クラブWOMB
12 複合型ライブハウスShibuya O−Group
13 ミニシアター「ユーロスペース」
14 円山児童遊園地
15 国際文化理容美容専門学校
16 まちの元お米屋さん「円神米店」


「音で辿る円山町」は、青山学院大学総合文化政策学部鳥越研究室が2017年に企画編集した円山町を歩くためのガイドブックの内容を「音で辿る」ためのページです。「音」は徐々に増えていく予定ですのでお楽しみに!

まちミュージアムガイドブック東京都渋谷区神泉編
「渋谷の元」をさがして 古くて新しい神泉円山町を 歩くためのガイドブック
編集・執筆・イラスト:青山学院大学総合文化政策学部鳥越研究室
制作協力:つなぐNPO、渋谷区郷土写真保存会
発行:ACL青山コミュニティラボ(東京都渋谷区神宮前5-47-11青山学院アスタジオ2階)