03 花街誕生の元となった弘法湯跡に立つ石碑。


神泉谷には、その開湯伝説から「弘法湯」と呼ばれた共同浴場があり、江戸時代以降、富士山や大山を詣でる多くの人に利用されていました。明治に入り、その経営を引き継いだ佐藤豊蔵(豊さんのひいお爺様)が、弘法湯に料理旅館「神泉館」を併設し、それが花街円山町誕生の礎となりました。

「大山詣で」とは、江戸時代の人々に親しまれた「大山へ登る」山岳信仰。享保年間以降、幕末にけて江戸庶民のレジャーをかねた信仰となりました。富士山に比べて、気軽に登れる大山はとても人気がありました。江戸時代の後期、大山詣でや富士詣での行き帰りに多くの人々が、道玄坂上の吉田家(富士講の講元)にご挨拶に立ち寄ると共に、この場所にあった弘法湯で身を清め疲れを癒していたのです。


ガイド目次

01 神泉駅
02 カフェ・ド・ラ・フォンテーヌ
03 弘法湯石碑
04 金井青果
05 芸者階段
06 藤むら
07 裏渋谷通り
08 道玄坂地蔵
09 二つの料亭
10 ホテル街
11 国際的クラブWOMB
12 複合型ライブハウスShibuya O−Group
13 ミニシアター「ユーロスペース」
14 円山児童遊園地
15 国際文化理容美容専門学校
16 まちの元お米屋さん「円神米店」


「音で辿る円山町」は、青山学院大学総合文化政策学部鳥越研究室が2017年に企画編集した円山町を歩くためのガイドブックの内容を「音で辿る」ためのページです。「音」は徐々に増えていく予定ですのでお楽しみに!

まちミュージアムガイドブック東京都渋谷区神泉編
「渋谷の元」をさがして 古くて新しい神泉円山町を 歩くためのガイドブック
編集・執筆・イラスト:青山学院大学総合文化政策学部鳥越研究室
制作協力:つなぐNPO、渋谷区郷土写真保存会
発行:ACL青山コミュニティラボ(東京都渋谷区神宮前5-47-11青山学院アスタジオ2階)